【有我直売所】地元小学生がリンゴ園を見学

たわわに実ったリンゴに興味津々!

11月上旬、ひんやりとした冷気が漂う中、市内の阿武隈(あぶくま)小学校3年生約100人が社会科見学の一環として、りんご園へ訪問しました。

今回社会科見学を受け入れたのは、GT会員の一人で、りんご農家を営んでいる【有我光雄さん(有我直売所)】です。

りんご畑に訪れた子どもたちに、見学する前の注意事項として、果樹に触れないなどの説明をして見学がスタートしました。寒空の中、収穫を間近に控えたりんごに子どもたちは目を輝かせていました。

有我さんは「ふじ」と「光蜜(こうみつ)」を一人で栽培しています。

見学後は、小学生からの質問が相次ぎました。「りんごが収穫された後は?」「みつって何?」「一本にどれくらい実の?」など質問はさまざま。中には専門の有我さんも答えに詰まるような場面も()スーパーのりんごは普段見ていても、ズラリと並んだリンゴの木を見るのは初めてという子が多く、いい社会科見学となったようです。

関連記事

  1. 【有我直売所】リンゴ狩り納め

  2. 平成30年度須賀川市GT推進協議会総会を開催しました!

  3. 【阿部農縁】東北人同士、切磋琢磨していくべ!!

  4. 【第2回】須賀川市モニターツアーを開催!

  5. 第1回連絡会を行いました!

  6. 【第3回】須賀川市モニターツアーを開催!